ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > ごみ・環境 > ごみ > ごみ・リサイクル > クルクルごみ減量通信

本文

クルクルごみ減量通信

ページID:0002282 更新日:2024年4月16日更新 印刷ページ表示

家庭から出るごみの量は、1人1日当たり471g(令和4年度)と、市のごみ処理基本計画で定める目標(令和5年度:428g)を達成するためには、約10%の減量が必要です。また、燃えるごみ袋の内容を調査したところ、資源化できるごみの混入率は25.6%(令和5年度結果)と、目標(令和5年度:23.1%)は達成していません。資源ごみのさらなる分別を図り、ごみ処理施設で処分するごみをできるだけ減らしていかなければなりません。

そこで、環境課から月に1回、ごみの減量及び資源化に関する情報を市民の皆さんに発信していきます。

最新号

クルクルごみ減量通信第21号です。

下記ファイルからもご覧ください。
第21号 [PDFファイル/234KB]

過去の通信

過去に発行した通信を下記リンクから閲覧できます。

関連リンク

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?
Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)